Exilva - Exilva Vグレードの3Dモデル

EXILVAの技術

Exilva  その 機能について 

Exilvaにはたくさんの利点があります。たとえば、降伏応力の向上による沈降・沈殿防止効果の改善、せん断やpH、温度に対する頑健性による製剤設計の汎用性と柔軟性、サステナビリティのプロファイル改善などが挙げられます。 

Exilva - 線維ネットワーク3Dモデル

Exilvaの仕組み

Exilvaは、極表面により物理的に、また水素結合により化学的に作用する、絡み合ったセルロース繊維で構成された不溶性のミクロフィブリル化セルロースです。レオロジー的にも力学的にも添加剤として画期的な特性を持ち、完成品に独自の性質をもたらします。

フィブリル化工程の結果、多くの水酸基がネットワークの母材で利用できるようになり、非常に高い保水力をもたらします。また、MFCは生産工程を経て結晶化特性を保持するため、長持ちする製品が生まれます。

ミクロフィブリル化セルロースの分野は1980年代初頭から知られており、論文などで数回報告されてきました。MFCの研究は技術や生産上の実現性のため、これまで小規模なラボやパイロットプラントに限られてきました。Borregaardは独自技術のExilvaを利用して、ノルウェーのサルプスボルグにある生産工場で高品質のミクロフィブリル化セルロースを生産できるようになりました。

Exilvaならではのメリット

貴社の製品にExilvaを添加すると、次のような特性やメリットが得られます。

ウェブ-アイコン-安定性

降伏応力の向上

優れた降伏応力は、水性または極性溶媒系の安定性を低いせん断で改善します。

ウェブ-アイコン-ずり流動化

優れたずり流動化

非常に迅速な粘性回復力と極めて高いずり流動化により、水性または極性溶媒システムの利用時にメリットがもたらされます

アイコン3-1

高い表面積

非常に高い表面積は結合に大きなメリットをもたらし、高強度の被膜形成にも効果的です。

Exilvaをお試しになりませんか?

Exilvaは100%天然のバイオ系ミクロフィブリル化セルロース​​​​​​​で、レオロジーや安定性を高めるほか、貴社製品の製剤の構造を強化します。Exilvaは製剤の効率を改善し、CO2 のフットプリントを削減して、期待が持てるイノベーションの機会を作り出します。