OMK_8772

メイドイン・ノルウェー

10年もの歳月をかけて開発された、ほかにはない独自のプロセス技術

この工場は2016年に操業を開始し、年間10,000メートルトンの10%ペースト(Vグレード)/ 50,000メートルトンの2%懸濁液(Lグレード)の生産能力を誇り、どちらも1,000メートルトンの乾燥物質に相当します。Exilvaの特性について詳しくはこちらをご覧ください。Exilvaは、商用ベースで入手可能な世界初のMFC製品です。

同工場は、ノルウェーのサルプスボルグにあるBorregaardの生産施設にあり、ノルウェー産のトウヒを原材料に使用しています。ここではBorregaardが2005年から開発を進めてきた独自の処理技術が用いられ、Exilvaの優れたパフォーマンスにとって欠かせないものとなっています。

OMK_8132

Exilvaがもたらすメリットは以下の通りです

ウェブ-アイコン-安定性

降伏応力の向上

優れた降伏応力は、水性または極性溶媒系の安定性を低いせん断で改善します。

ウェブ-アイコン-ずり流動化

優れたずり流動化

非常に迅速な粘性回復力と極めて高いずり流動化により、水性または極性溶媒系の利用時にメリットがもたらされます。

アイコン3-1

高い表面積

非常に高い表面積は結合に大きなメリットをもたらし、高強度の被膜形成にも効果的です。

Exilvaをお試しになりませんか?

Exilvaは100%天然のバイオ系ミクロフィブリル化セルロース​​​​​​​で、レオロジーや安定性を高めるほか、貴社製品の製剤の構造を強化します。Exilvaは製剤の効率を改善し、CO2 のフットプリントを削減して、期待が持てるイノベーションの機会を作り出します。